Female

印刷機を持っている会社

従来の印刷技術は血と汗の結晶

Male

現在の印刷会社は、従来の技術の発展の元に成り立っている物です。従来は、金属出来ている文字を、一つ一つ人の手で並べ、紙に刷っていた物です。西洋では、アルファベットで行うため数が少なく容易に可能でしたが、東洋の文化に対しては文字を探すための時間を要していた物です。近代になって現れたのがオフセット印刷です。版の作成を行ない、版にインクを載せ、インクのついた版をゴムの板に載せてから紙に転写する物です。これは、ロールのゴムを利用する事によって、自動で大量に印刷する事が出来ます。しかしながら、版を作るために時間がかかり、印刷機を持ち合わせている印刷会社も限りがありましたので、利用できるまでの時間待ちを要する物でした。

印刷会社の主流はオンデマンド印刷

中小規模の印刷会社でも印刷機を持てる時代が到来しています。その多くはオンデマンド印刷と呼ばれている物です。オンデマンドとは、要求に答えると言う意味があり、印刷をするための版を必要としません。パソコンから直接印刷を行うため、内容なども容易に変える事が可能であり、雛形となるデザインに対して、目的に合わせて文章の内容を変える事も可能です。印刷会社における未来は、印刷のみに特化して行く事が予測されています。従来は、デザインなどの内容も受け持っていた事が一般的でしたが、人件費を削減してより安く印刷物を提供する事と、個人の考えでデザインを求める人が多く現れた事が挙げられます。ただし、オンデマンド印刷機は、特定手の人に対して配る小ロット印刷であれば費用を抑える事ができます。その理由は、紙とインク代です。紙とインク代だけを比べた場合、オフセット印刷の方が、大量に仕入れているため、一枚の印刷代を安く抑える事が可能なためです。印刷会社によっては、オフセット印刷は外注で委託をしてくれる事もあるため、内容に合わせて費用の比較を行う事も大切と言えます。